2007年06月08日

コムスンの一件とビジネスモデル

テレビや新聞で報道されている通り、訪問看護・介護最大手の
「コムスン」が看護事業所の指定申請に虚偽記載をして、介護報酬の
不正請求した問題で、厚生労働省は2011年12月までの間は
事業所の新規指定や更新を認めない方針を打ち出し、結果的には
介護事業から撤退せざるを得ない状況に追い詰められています。


「コムスン」の持ち株会社であるグッドウィルグループの会長である
折口雅博という人は、彼が「ジュリアナ東京」を仕掛けた頃から
知っています(と〜ぜんのことながら個人的なお付き合いがあるわけではありません 笑)。


不遜な態度のやつだなぁという印象でしたが。


グッドウィルを上場したときに、ある若手起業家養成塾かなにかで、
株式譲渡益が預金通帳に記載できないくらいの桁数だったということを
自慢げに語っていたらしい(真偽の程は知りませんが)と聞き、
彼のことを確実に嫌いになりました。


金儲け主義一辺倒という感じですね。


介護事業に手を染めていることが不思議なくらいでしたが、
ああやっぱりね、っていう感想しかありません。


「コムスン」の一件でふと思ったのですが、
国の認可事業とか大きな母体に依存したビジネスモデルは、
けっこう脆いよなぁ・・って。


中小企業の場合、売上げをあるところに大きく依存している
ケースはけっこう多いのではないでしょうか。

公共事業とか、大手企業の下請けとか。
許認可事業もそう。


公共事業場合は、行政の予算配分によって仕事が取れる取れないと
いうことが起こりうるし、入札案件であればなおさらです。

許認可事業の場合は今回の「コムスン」のように、認可を
取り消されるとそれ以上は仕事が出来なくなります。

大手企業の下請けから脱却できない会社は、景気に左右されやすい
ですし、「親亀こけたらみなこけた」的に連鎖倒産の危険を常に
はらんでいます。


パレートの法則にもあるように、売上げの80%は上位20%の
取引先に依存している状態はどこの業界にもありますが、企業の
リスクマネジメントを考えれば、なるべく個人の顧客に接することが
できるビジネスモデルを検討しておくことも重要だと思います。


企業のインフラを特定の企業に依存しすぎないことも大事。


ネットビジネスでも同様のことがいえます。

ホームページを作って、ヤフーやグーグルに上位表示されるように
必死になってSEOを施して、やっと上位表示されるように
なったぞーと思えば、クローラのアルゴリズムが変わってすぐに
順位が下がってしまったなどということは、よく聞く話です。


これは検索エンジンに依存しすぎ。


中小企業にはSEOは必要なことなんですけどね。
PPCみたいに広告費を支払わなくても、無料で売上げ拡大に
つながりますので。


ネットビジネスやるならハウスリストをいかにして多く集めて、
その人たちをいかにして自社のファンに育て上げていくかを、
計画的に行い、その人たちに反復して購入していただく方法を
考えることが大切です。


これぞダイレクトレスポンスマーケティングの真髄!みたいな(笑)


ニキビケア商品を売っている「プロアクティブ」なんかは
モデルケースです。

一度、調べてみてください。


「ネガティブ・オプション・プラン」などという手法?・・
ネガティブ・オプションっていうのはほとんど押し売りの世界ですが。


まあ、これに近いことをやっている。
巧妙にやればOK!ってことですかね。


いづれにせよ、これがだめなら次があるさ的に、経営者は売上げを
上げて利益を確保する先を一つでも多く作ることを、常に考えている
ことが重要ですね。
posted by 保険に強いFPです! at 18:10| Comment(2) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

土曜授業の復活は?賛成!

土曜日は「半ドン」という言葉が学校現場から消えて5年になります。

ところで「半ドン」ってどういう意味なの?
っていうことで調べてみました。

江戸時代末期、長崎県出島よりオランダ語で日曜日または休日を
意味するzondagという言葉が伝わり、訛ってドンタクになり、
半分のドンタクなので「半ドン」と呼ばれるようになった。
この「ドンタク」の語の名残が、福岡市で行われる祭り
「博多どんたく」である。

という説と、

明治時代より太平洋戦争中にかけ、時報に午砲(空砲)を撃つ
地域があり(東京丸の内等、主要都市には午砲台が設置されていた)、
正午の大砲の「ドン」という音より一日の半分が休みなので
「半ドン」と呼ばれるようになった。

<ウィキペディアより>

という説があります。


諸説はともかく、私たち(日本人のほとんど大多数の人)が
子どものころは当然のように土曜日には学校に行っていたものです。

先日、政府の教育再生会議が第二次報告に地域の実情に合わせて
土曜授業を復活するように提言して、見直し論議が起きています。


日経新聞の6月4日の記事によると、調査会社マクロミルを通じて
小中学生の子どもがいる人といない人が半数ずつで、全国の二十歳以上
の男女1,024人から回答を得たネット調査の結果、土曜授業の復活に
「賛成」「どちらかといえば賛成」と答えた人が80%であったそうです。

その理由としては、「子どもの学力向上につながる」
「平日の授業を増やすより土曜授業のほうがいい」
「子どもが無駄な時間を過ごしがちだから」という意見が圧倒的でした。


私は土曜授業を復活させたからといっても「子どもの学力向上につながる」
とは全く思いません。

むしろ「平日の授業を増やすより土曜に授業を振り分けたほうがいい」
という意見には賛成です。


理由は、学力の向上と授業時間数とは比例しないから。

平日の授業を増やして子どもの帰宅時間を遅くされるほうが迷惑です。

理由はいくつかありますが、ここでは置いといて。


「ゆとり教育」という具体的には意味不明な制度が本格的に導入されたのは
2002年からで、@「総合的な学習の時間」の導入 
A完全学校週5日制の実施 B学習内容の三割削減が骨子となっています。

これらは微妙に絡まりあってシナジーを産むかのごとく見えますが、
その実、全然違うものだと思います。

「総合学習」はそれまでの知識偏重の詰め込み教育からの脱却を目指し、
子どもの考える力を身につけさせるために行っていると認識しますが、
この考え方はねぇ・・大間違い!

考える力を身につけさせるためには、まず考えるために必要な要素を
身につけさせる必要があります。

知識、教養、語彙、雑学、経験などなど

これはインプット学習です。

インプット学習は、イコールとはいいませんが多分に詰め込み学習です。

これがない人に何かについて「考えろ」といっても考えるための素材を
持たないため、薄っぺらな「考え」しか出てこないのは明らかです。

まずはインプット学習を徹底的に行い、徐々にそれと平行して
アウトプットする方法を教えていくことが重要であると思います。

その意味からでも「詰め込み教育」=「悪」という考えが
蔓延することには、非常に危険な感じがします。

「完全週5日制」は、子どもの立場からではなく教職員の立場から
出た制度であることは明らかですが、なぜか大義名分は土曜日を
休みにして地域コミュニティで子どもを育てよう、などと本音が
すり替わっています。

地域のコミュニティが空疎化している現在、「地域」とか「コミュニティ」
とかは美辞麗句化されて、なんとなく国民に「そんなもんかな〜」って
思わせるパワーはありますが。

でもこれは総労働時間短縮化の流れの中で、教職員の週休二日制を目指した
側面が大きいと思います。

学校の教員、休み多いんだけどね〜。夏休み、冬休み、春休み。

こう言うと、夏休みだって学校に行っているから休みじゃない、という
人もおりますが。

あたりまえでしょ、給料もらってるんだから。

子どもが出てこない学校にいたって休みみたいなもんですよ。

部活の指導もいいけど自分もしっかり勉強しろって。


総合学習の時間を設けて、土曜日を休日にすれば必然的に従来の教科に
回せる時間は減りますので、「学習内容の三割削減」ということで
調整しないといけない、ということになります。

これでいいのか悪いのか。

いいわけないでしょ、実際。

迷惑被るのは子どもたちですよね。

最近の高校生は「こんな問題わかんないよ。
どうせおれたちゆとり教育世代だし〜」なんていう生徒が増えているとか。

・・・・・・・・

posted by 保険に強いFPです! at 13:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

社会保険庁改革関連法案と年金時効撤廃特例法案

昨日、社会保険庁改革関連法案と年金時効撤廃特例法案が
衆院本会議で与党の賛成で可決され、参院に送られました。

今国会で成立するでしょう。

社会保険庁改革関連法案は、2010年に社保庁を解体し、
非公務員型の新法人「日本年金機構」を設立する内容。

年金時効撤廃特例法案は、年金請求権の時効(5年)を撤廃し、
記録漏れが認められた場合、時効以前の年金不足分も補償できる
よう定めています。

社会保険庁はいろいろやってくれますね。

国民の保険料でグリーンピアなどという施設を日本中の
あちらこちらに作ったはいいが、赤字だらけで結局二束三文で
自治体などに売り渡したのも記憶に新しいところ。

天下り先に書籍などを発注した代金をキックバックさせて裏金を
作って、ほとんど職員の遊び費用に使っていたのも国民の保険料。

今度は、だれのものか分からない年金記録が5000万件もでる始末。

払って欲しけりゃ領収証を持って来い!って言っているそうですね。

えらそうに・・・

1997年から一人に一つの基礎年金番号が割り振られ、
厚生年金から国民年金に移るなど、複数の年金に加入歴があっても、
記録を一元的に管理する制度が導入されました。

このとき社保庁は、該当する本人の申請以外に何もしなかったわけで、
結局、基礎年金番号と結びつかない年金記録が山積されてしまったと
いうことですよね。

申請しない方が悪い、証明書類を保管していない方が悪い・・
俺たち、な〜んにも悪くないも〜ん!っていうことでしょう。

それで集めた保険料を、いかにして自分たちだけでこっそりと
有意義に使おうかということを考えることを仕事にしていたという訳。

泥棒に金庫の管理をさせているようなものですな。

いづれにせよ日本の年金は制度としてなりたっていないのは明らかで、
それを小手先だけで繕いながら運営しているのが現状です。

スクラップ寸前の車の外観だけを新車のように塗り立てて、
一瞬だけ道行く人に、おっいい車だなって思わせるがその内情は
よろよろ動きながら道端でエンスト。

またそれを繕って・・ということの繰り返しですね。

年金制度は抜本的な改革が必要ですが、まあここからの利権に
群がっている人が反対することは明らかで・・

このままズルズル行くんでしょうねぇ。この国は。
posted by 保険に強いFPです! at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。