2006年08月21日

SNSをテレビ番組企画に活かすとか…

今日の日経新聞朝刊「SNS連動TV新番組〜ネットの意見ドラマに反映〜」という記事が出ています。

TBSがソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)と連動した新情報番組を放送、来年のドラマではネットでの意見を脚本に反映させる、というものです。

新情報番組(毎週月曜日から木曜日の深夜枠30分)では雑誌の読者モデルなど流行に詳しい18歳から24歳の女性が会員となるSNSを設け、会員がやりとりする会話やSNS内のブログに記した情報を使って番組を作るそうです。

今回は初めての企画であるため女性でかつ年齢層も限定した内容となったのでしょうが、企業のマーケティングリサーチに使える内容のものを作っていって欲しいと思います。

トレンドから得た情報をもとにして、オリジナル商品作りやメディアミックスを活用した(電車男のように)商品作りは既に想定済みだとは思いますが。

局側の恣意的なものを作らないことを望みます。

ただ、ドラマの脚本に活かしたいというのはあまりに視聴者迎合的で、どうかなぁと思います。

実験番組的に制作したドラマの視聴率がよければ、各社とも軒並み似たようなものに足並みを揃えることになる可能性は十分あります。

わたしは連続テレビドラマというものに質の高さを求めませんが(そもそもわたしがドラマを見ない)、作り手が視聴率欲しさに視聴者に合わせてしまっては、作者のアイデンティティが欠如したものになってしまうと思います。

作り手は、視聴者を自分のところに手繰り寄せるような作品作りに努力することが重要です。

どのような作品ができるのか楽しみですね。

個人の情報発信手段としてのインターネットと大規模メディアの融合実験番組として評価できる企画であって欲しいのですが、なんか、視聴率がそこそこ取れると、どこもかしこも同じような企画が出てきそうで…
posted by 保険に強いFPです! at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22615056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。