2006年09月08日

自動車保険「弁護士費用特約」って

9月6日の記事で書こうと思っていた自動車保険の「弁護士費用等補償特約」について書きたいと思います。

自動車保険に「弁護士費用等補償特約」っていう特約があることをご存知ですか?

どのようなときにこの特約を使うのかっていうと、それは、弁護士に示談を依頼するようなことになったとき…(特約の名称そのままですよね)。

で、それはどのようなときかっていうと、自分の加入している保険会社が示談交渉に入れないときや保険会社が示談交渉をしていたのですが、相手方が弁護士案件としたときにこちらの交渉窓口も弁護士としたいときなど、です。

??どういう意味?っていう方もいらっしゃると思いますのでご説明します。

自動車保険は、事故の相手方の過失が100%であった場合、たとえば後方からの追突や、明らかに停車もしくは駐車すべきところでの一方的な衝突や、対向車線を越えてきた車にぶつけられたときなどは、自分の加入している保険会社の損害サービスは基本的には相手方との交渉をしません。

なぜか?交渉をする必要がないからです。

自車の損害は相手方に100%みてもらうわけですから、交渉の余地はありません。

事故の相手によっては任意保険に未加入の場合もあるでしょうし、非常に不誠実な人も、ときにはいます。

このような相手に対して100%被害者のあなた、きちんと賠償の申し入れができますか?

このようなときに弁護士に示談交渉を依頼した場合の弁護士報酬や訴訟費用などを出してくれる特約です。

自動車保険には「法律相談費用補償特約」という特約は、特に不担保としない限り自動的に付いています。

これはあくまでも「相談」する費用を出すだけのもの。
「弁護士費用等補償特約」とは使いみちが違います。

っていうのも、先日、私の知り合いでこの特約を使うことになった方がいらっしゃいまして、改めて必要な補償やなぁって思ったわけですよ!

今回のケースは、こちらの無過失主張に、相手方の保険会社の損害担当が適切な対応をしないままに、相手方から弁護士案件にしてきたのですが…。

めったにないケースです。

で、この知り合いは「弁護士費用等補償特約」を付けていたもので、すぐにこちらも応戦して弁護士に依頼したっていうことですが、この特約を付けてなければ、自分で相手の弁護士に対応するしかないため、法律に不慣れな人(一般的には不慣れでしょうけど)には荷が重い作業となります。

保険料は年間にして1,500円前後でしょう。

付けておいて損はしない特約だと思います。

ちなみに先ほどの適切な対応をしなかった保険会社。MS海上です。

保険金を不払いで業務停止を受けるのも納得。ですねちっ(怒った顔)
posted by 保険に強いFPです! at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 損害保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23453199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。