2006年10月06日

生命保険見直し講座(8) 「解約しないでリニューアルする方法」

前回は「生命保険の見直しをするタイミング」についてお話しました。
今回は「解約しないで中身をリニューアルする方法」についてお話したいと思います。

まずは、保険金額を「減額」する方法。

保険期間の途中で保険金額を下げることです。解約とは違い保障の一部が残ります。
ライフプランの変化に合わせて、当初設定した保険金額が多いかな?と思うようになったら「減額」を考えることも必要です。
減額した分はその部分だけ解約をしたということになりますので、それ相応の解約返戻金が受け取れます。

ただし、商品によっては主契約を減額すると特約の保障まで自動的に減額されてしまうこともあります。
保険会社・契約内容により、規定の最低保険金以下に減額することができない場合もあります。個別に確認してくださいね。

つぎに、「払済保険」にする方法。

「払済保険」にすると、保険をやめずに保険料の払い込みをストップできます。
保険期間は変更前の保険と変わりませんが、保険金額が小さくなります。
保険の種類は、元の契約と同じ種類の保険か養老保険になります。
保険金額が小さくなるのは、払い済みとしたときに貯まっている解約返戻金で新しい保険を一時払いで購入した形となるからです。
但し主契約だけになり、付けていた特約はすべてなくなります。
解約返戻金を原資としますので、解約返戻金がないとか少ない場合は、「払済保険」に変更できない場合もあります。

つづいて、「延長保険」にする方法。

「延長保険」にしても、変更後は保険料の払い込みをストップできます。
保険金額は元の保険と変わりませんが、保険種類は定期保険になります。保険期間はだいたいは元の契約より短くなります。
これも「払済保険」と同様、付けていた特約はすべてなくなります。

それから、「組み替え」という方法。「変換」ともいいます。

契約してからある一定期間を過ぎると、現在の保険金額の範囲内で「定期保険」を「終身保険」に変えられる制度です。
たとえば「定期付き終身保険」の定期特約部分を減額すると同時に、その分終身保険を増額できますし、「定期保険」の契約を「終身保険」に変更することもできます。
変換時点での告知や医務診査は必要ありません。
但し、取り扱っていない会社もありますので注意が必要です。

保険のリニューアルは、「下取り」と称した「転換」=「元の保険の解約」ばかりが能じゃないということがお分かりいただけたかと思います。

次回は、これらの見直し方法の「組合せ技」をご紹介します。
posted by 保険に強いFPです! at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険見直し講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。