2006年11月02日

生命保険見直し講座(9) 見直し方法の「組合せ技」

前回は「解約しないで中身をリニューアルする方法」についてお話ししました。

今回は前回お話した見直し方法の「組合せ技」についてお話したいと思います。

具体例をあげて考えてみましょう。

「保険料を今よりも安くしたいのだけど、保障はしっかり確保したい」
よくあるケースですね。

この場合保険料を安くするにあたって、今の保険の「何の保障」に保険料がいくらかかっているのか、そしてその保障は必要なのかをひとつひとつ考えていく必要があります。

で、しっかり確保したい保障とはどういう保障なのかを見極めることが重要です。

たとえば、現在の保険が「定期付き終身保険」の更新型であった場合。

〜定期付き終身保険は日本社(外資系や損保子会社系でない従来の生保会社)の主力商品でした。少ない終身保険に大きな定期特約がくっついていて、定期特約が10年ないしは15年で更新されていくもの。保険料支払い満了以降は特約を付けることができなくて、少ない終身保障(100万円とか200万円とか)だけ残り、保険料の大半が掛け捨てとなる恐ろしい商品だとお考え下さい。〜

定期特約部分を減額する方法があります。
この場合死亡保障の必要保障額を自分で見極めなければなりませんが。

あるいはいっそのことスパッと解約して、死亡保障が必要であると考えられる期間だけの定期保険に入り直す方法。
この場合特約で付いている医療保障もなくなりますので、同時に単体の医療保険に終身保障で加入するといいでしょう。

定期特約部分のみ解約をしたいものですが、会社によっては終身保障部分と定期特約部分の比率でセットとなっているため、規約上、定期特約部分だけの解約はできないと言われることもありますのでご注意を!

「養老保険」や「終身保険」は保険料の高い商品ですので、これらに加入されていて保険料負担の大きい人は「払済保険」にしてしまって、新たに定期保険などの加入を検討することもよいでしょう。

保険の見直しはケースバイケース。

100人いれば100通りの保険が考えられます。

次回からは必要保障額の根拠となる「ライフプランニングについての考え方」についてお話したいと思います。
posted by 保険に強いFPです! at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険見直し講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26640307
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。