2006年12月14日

インターネットビジネスは基本から押さえないと!

ここしばらくはブログの更新がおろそかになっていました!

で、今日はちょっと長めに♪

先月よりインターネットビジネスについていろいろと思うところがありまして、関連商材を購入したり無料レポートを購読したりと忙しくて…と言い訳。


『情報起業』ってご存知ですか?


一般的には馴染みのないことばですよね。


『情報商材』を作成する人を「インフォプレナー」と言い(インフォメーションとアントレプレナーの造語ですね)、それを自身のホームページやブログ、メルマガなどを通じて販売する人をアフィリエイターと言います。


インターネットを活用している人はよくご存知の言葉かと思います。

インターネットビジネスというと、なんか、こう・・
胡散臭いっていう印象を持たれがちですよね。

特に「情報」なんていうものは。


すべてが胡散臭いものばかりではなく、マニュアル通りに活用すれば十分に成果の上がる商材もあります。


それを見つけるのもけっこう年季が入ったりしますが(笑)


残念ながらインターネットビジネスを体系的に学ぶための商材は、なかなかここでは見つかりません。


リアルビジネスを補完するためにホームページを立ち上げている人がネットビジネスを一から学んでいく商材は、ほんとに数少ないのが現状です。(SEOは別にして)


で、今日はインターネットビジネスを体系的に学びたいと思っている人にお勧めの商材をご紹介します。


礒一明氏の 『インターネット・マスターガイド PDF版【インターネット体系ガイド・完全保存版2006】 (240ページ)』 です。


礒一明氏をご存じない方のために紹介しますと、もともとソニーの海外駐在員で、ソニーアメリカ本社で事業戦略ディレクターとしてコーポレートレベルでの大規模なE-Commerce導入に全面的に係わった経験をお持ちです。


その後ソニーを退社され、インターネットの本場アメリカでネットビジネスをする会社を二社経営されています。ネットビジネスの“本物”であるといってもいいでしょう。


まぐまぐより「アメリカで一番になった!」というメルマガを発行されています。


わたしは今年の4月より購読しております。
ネットビジネスを考えている人にはすごく役に立つメルマガです。
これ、おすすめ!


そのバックナンバーより6月1日のメルマガ『情報起業家について』という内容をご紹介します。

情報起業家を目指す人はぜひ読んでくださいね。



ここから
↓↓↓↓↓↓

さてさて、先週は、『情報起業家』について、様々な意見を頂きました。
今週は、私がコメントするお約束でしたね。

海外に住んでいる人間のコメントとして、
また違う視点を提供できるかも知れません。ご興味ある方、
ごゆるりとお読みください。

まず、とってもオーソドックスな答えですが、情報起業は、新たな、
そして利益率の高い起業形態の一つだと思います。

アメリカでは、まだまだ伸びています。(どう伸びているか、は、
ロングテールともちょっと関係があります。)

で、日本ですが、実は、頂いたメール以外にも、お電話やスカイプで、
いろいろな意見を聞くことができました。それらを総合すると、
確かに一部、「情報起業=怪しい」という連想をする人も増えているようです。


最初に言ってしまうと、仮に一部の事業者が「怪しい」商法を展開しても、
情報起業がいけないビジネス、というわけではないかと思います。

違法建築があったから、建築家はみな怪しい、とは思わないですよね。

広く見渡してみると、どの業界にも『怪しい』商売をしている人は
います。

株式投資だって、お金集めてドロンがいつの世にもいます。
だからといって、株式投資家がいなくなるわけではありません。

オークション詐欺があっても、オークションは今日も誰かが利用して
います。

これらは、資本主義の必要悪みたいなものでしょうか。

かと言って、怪しい商法を奨励しようとしているのではありません。
ただ、仮に情報起業に、怪しい商法が目立ったとしても、それだけで
この新規ビジネス形態を闇に葬ると、日本に損失かな、と思います。

それは、アメリカでの健全な情報起業の発展を見ているからかも
知れません。

この情報起業の行く末は、大きなビジネスチャンスなので、
7月のセミナーでの議題に譲るとして、ここでは、
「では一体何が怪しいか」という本質に迫ってみようと
思います。

人が、情報起業は「怪しい」と感じている部分は、
総合すると、どうもこういうことらしいです。


まず、情報商材などを高額で販売する。しかし、蓋を開いてみると、
買い手には、その値段の価値があるとは思えない場合がある。

しかし、その商材をアフィリエイトで売ると、かなり
高額のコミッションが払われる。そこで、元をとりたいので、
良いものだと自分を信じこませて、人様にも強く勧める
ことにする。

そこで大勢が飛びつくと、商材に実体がなくても、
その商材は「売れている」という札がつけられ、更に大勢が
購入する。

それが、ちょっと「ねずみ講」的だ、ということらしいです。


でもね、冷静に分析すると、この行為は、ほとんどアメリカの
トップ・マーケッターがやっていることと同じです。

彼らは、かなり高額な商材を売る場合もあります。
そして、トップ・アフィリエイターほど、かならずアフィリエイトを
使って拡販します。そして、戦略的に、かなりコミッションを高く
するマーケッターも大勢います。

これらは、全てちゃんとしたビジネススタイルだと思います。

ただ、気づかれた人もいるでしょうが、一つ、見逃している点が
あります。それは、「商品に対価の価値があるか」ということですね。

ここで、すごいことを言ってしまいます。今まで話したことを、
ちょっと逆手にとってみます。

つまりですよ、例えば、情報商材、という価値を判断しにくいものは、
本の寄せ集めみたいな偽者をつくっても、それを、こんな方法で
売れば、バカ売れさせられるかも知れないのです。

1.商品価値以上の価格で商材を購入させて、
購入者に自分の購入を正当化させる下地をつくる。

2.そこに、高いコミッションを設定して、本商品をいくつ売ったら
元がとれる、と限定権利を与え、損失補てんの方法を示唆する。

3.購入者は、偽者に高額を払った損害の意識と、商品を売って損を
減らしたい「リカバリー」の意識で、猛烈なアフィリエイトを始める。

4.そこで売れた実績をもとに、いくら稼いだという風船を打ち上げ、
更に購入を煽る下地をつくる。


なんか、ちょっとあこぎなビジネスモデルにうつるかも知れません。
でも、古今東西、こういうビジネスモデルはどこにでも存在します。
今の日本は、この密度がちょっと濃い気がしますけれどね。


で、儲かればええやん、という見方もあります。そうかも知れません。
お金に色はない、とも言います。でも、一つ問題があります。
それは、お金を儲ける代償に、信用を売っている、ということです。

自分の信用を犠牲に、一時的なお金を手にして、それでハッピーな
人は、そういうビジネスを続けるのがいいかと思います。
「俺は拝金主義だ!」と声を大にして言えるのは、それはそれで
すごいと思います。

そして、こういうビジネス形態の人の唯一の拠り所は、
「いくら稼いだ!」という、『売り上げ至上主義』です。

こうした『売り上げ至上主義』が、どんな結末を迎えるか、
ニュースを見ている人なら、ある程度想像がつきますね。

ここは、それぞれ、人生の哲学の問題かと思います。
ただ、一般論で言うと、こういうビジネスモデルは、決して長続きしません。
拝金主義は、ギブ&テイクで、人からの搾取、つまりテイクに主眼を
置くので、狩猟型にならざるを得ないのですね。

なので、行くところで、バンバン顧客やパートナーとの人間関係を
壊していきます。これには、大変な労力と、負のエネルギーとの
葛藤があるのはご想像の通りです。


コマースジャングルの読者の皆さんは、同じ働くなら、
世の中がハッピーになるモデルを作ってくださいね。

それが、長続きする秘訣です。

では、今日はこの辺で。

↑↑↑↑↑↑
ここまで


この礒氏が書いた、インターネットで売り上げをあげる為の体系的なガイド。需要の見極め、集客、セールスレター、成約率のアップ、売れるサイトなど、全体図を理解する完全版PDF。

が、さきほどご紹介した『インターネット・マスターガイド PDF版【インターネット体系ガイド・完全保存版2006】 (240ページ)』です。


わたしはこの商材を6月に購入したのですが、そのときは『米国発 売り上げ倍増ガイド インターネットの本場、アメリカ発体系的な実践ガイド』というタイトルでした。


初心者からインターネットビジネスを起こす方法が丁寧に書かれていて、しかも情報商材ですから一般書籍にはない「秘匿性」の強い内容もあります。


インターネットビジネスで儲けたい!!人は下のリンクからどうぞ↓↓


今の情報商材をいろいろ見ていて、やはり王道を押さえる必要があると思いご紹介しました。


興味のない人には面白くない話題でしたね。スミマセン。


インターネットビジネスで儲けたい!人だけわーい(嬉しい顔)


banner2




posted by 保険に強いFPです! at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29621100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。