2007年07月05日

自費出版はビジネス?自己満足?

自費出版大手の「新風舎」が、出版契約を結んだ著者から詐欺の疑い
で提訴されました。


原告の著者によると、出版された本は全国の書店で販売されるという
うたい文句で契約したのに実際は地元の書店など数店でしか陳列され
なかったということです。


出版社側のビジネスとしての視点と、本を出したいと思う著者側の
思わくのズレから生じた問題だと思います。


もともと自費出版というものは、原稿を温めていた人がそれを発表
する場の一手段として利用するものです。


自分の原稿が書籍という体裁に施されると、本の好きな人にとって
はこの上ない幸せな気分を味わうことは容易に想像できます。


本来であれば書籍になど到底できないような原稿であったとしても、
それを本にして著者の夢を叶えてあげることを目的としたビジネスで
あれば、本さえ出版できればよしとすることで完結するものです。


この「新風舎」という会社は、自費出版で本を作ってあげますよと
いうだけでなく直営の書店などを持っており、流通させることも
可能ですといううたい文句があったために、著者側も、売れれば
おれも有名人かも、などという淡い期待をもってしまうことにも
なります。


「新風舎」のホームページを覗いてみましたが、きれいなカバーを
つけた本がたくさん紹介されており、実際に売れている本もある
みたいですし、自費出版から商業出版に切り替えられた作品も出て
いますので、本を出したいと思う人の敷居が、昔と比べてかなり低く
なっていることは喜ばしいことだと思います。


要は作品しだい。


全国の書店に陳列されてあなたの作品も売れますよ、という
勧誘トークで営業をしていたとすれば、詐欺に近いものもありますが・・


普遍的でない作品を出版して知り合いに配ってまわるくらいで
いいし、それに数百万円くらいかけてもいいや、という人のための
自費出版でとどめておく方がいいのかもしれませんね。


普通の人の自分史のように。


結婚式でもらった新郎新婦の顔写真入りのお皿のように、
いらないとは言えないし、もらっても処分に困るし・・


でもなんとなく微笑ましいもの。


どちらかと言うと、講演会などを企画して安い講師を呼んでみると、
自分の著作物をどかっと送りつけてきて、受付で販売してくれだとか、
宴会の余興にあまり有名ではない音楽家に出てもらうと何を勘違いした
のか自分のCDを主催者に買い取らせたりする、中途半端なプロの方が
迷惑な存在ですが・・


「新風舎」の一件は詐欺とは言えないでしょうが、先ほどの中途半端な
自称プロ的な自己主張の強い人も世の中にはたくさん存在しています。


ましてや自分で本を出したいという人はおおよそこのような人たち
ですので、おいしそうな勧誘トークは慎ぶべきだという教訓ですね。

posted by 保険に強いFPです! at 11:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自費出版ってのは、自己満足でしょうね。
たいがいが、自分史を本にするってのが多いでしょうから・・・うちの父がそうでしたから・・・
「元気なうちに、自分の戦争体験を残したい」と
本屋には並べていなくても、HPで紹介されていましたが、売られていませんでした。
自分史に、値段は付けられませんもんね、
そのおかげで、同じ境遇に逢った人と再会できたそうです。
もらっても、害にならないものだったらいいのでは?
鹿児島の人みたいに、自分の歌のCDをサイン入りで売りつけるようなのは、ちょっと迷惑ですが・・・(未だに手元にありますけど(^_^;))
Posted by G.HIRO改めHIROG at 2007年07月05日 18:10
そうそう!うちにもあるんよ、鹿児島のOさんのサイン入りCD。
まあ、彼はあのときのYEGのスターやから・・
でもほとんど聴いていませんが・・

いちばん頭にきたのは、おれが会長でHIROGくんが実行委員長をやった例の大会の前泊者懇親会によんだ音楽家やね。CD売りつけられて。
しかも定価やで。しかも10枚やで。
(YEG関係者以外の方には意味不明?)

お父さんの戦争体験を記した自分史、いいと思いますよ。個人の経験ばかりに偏らずに一般的な内容で、戦争について読み物的に書くといいものが出来上がると思います。

貴重な体験は後世に伝えていく意義も深いと思います。
Posted by あっとらんだむ管理人 at 2007年07月05日 19:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46804714
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。