2008年05月29日

ツバメのヒナ、ただいま育ちざかり!です。

IMG_0680-1.JPG

わたしの実家には毎年ツバメが飛来します。

今年も1組やってきて、ただいま子育ての真っ最中です。

わたしが子どものころから毎年やってきていますので、わたしとしては
見慣れた光景なのですが、このツバメ、いつからわが家にやって来ているのかは
不明です。

このツバメはずぅっと同じ家系のものが飛来しているのか、はたまた
まったくの別の家系のものが、たまたまウチに来ているのかも不明です。

いずれにせよ毎年3月末から4月の頭くらいになると、どこからともなく
飛来して、軒先の巣をねぐらにします。

わが家には門と玄関に古くからのツバメの巣がいくつも残っています。

以前は泥を運んできて自分たちで巣作りをしていたものですが、ここ数年は
空き家をそのまま利用しています。

横着になったのか、それともかなり上手く作られた巣なのか。
リフォームすらしません。

写真のツバメは生後2週間くらいのヒナです。

毎日明け方から日没まで、親鳥はえさを運びます。
どこから獲ってくるのか5センチくらいのトンボを、丸ごとヒナの口に押し込むことが
よくありますが、ヒナは眼を白黒させながらもそれを丸呑みしています。

てな具合で、喰うわ喰うわ・・

あと10日もすれば巣立ちをするでしょう。


わたしの子どもが通っていた幼稚園は、年長の児童にこのツバメの子育てを観察させる
ことが年中行事のひとつとなっています。

わたしの子どもが入園してから、決まってわが家へ訪れるようになりました。
今年も先週末より毎日1〜2クラスの園児がバスに乗ってやってきます。


この幼稚園の教育方針は


子どもの内面を育て、人間として生きるための土台を作る。

●見る・聞く・思うことを大切に、自分の頭で考え豊かな表現力と自立心のある子に育てる。
●自然に目をとめ、何事にも驚きや感動をもって接し、生命の尊さを感じさせる。
●同年齢、異年齢の友達と関わり、思いやりと協力する喜びを味わわせ、道徳性を芽生えさせる。
●お話(童話・絵本)を大事にし、理解力、思考力を深める。


というもので、ツバメの子育ては
「自然に目をとめ、何事にも驚きや感動をもって接し、生命の尊さを感じさせる。」という項目を
達成するための教材です。

子どもをこの幼稚園に通わせてみて、幼児期の感受性を養う教育こそ幼児期にやるべきことであり、
幼児期に計算を教え込んだり、日本語も理解しない子どもに英会話のまねごとをさせてみたり、
鼓笛隊の訓練を施して保護者にその成果を見せるような教育は(これは教育というより道化)、
親の自己満足を充足させるには恰好の題材なのでしょうけど、子どもにとってはどんなものなのかな?
と考えるようになりました。

ここの園長先生、わたしが先日書いた「こどもの心と自然」の講演会にも来ておられました。
今度は「川」も自然を体得する教育の題材に採り入れられるのでしょうか。

これからしばらく幼稚園の子どもたちの歓声が聞こえる日々を過ごします。
posted by 保険に強いFPです! at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。