2006年10月03日

健康保険法の改正を受けて

この10月から「改正健康保険法」が施行されました。

まず医療費の窓口での自己負担額が変更になります。
この10月からは、現役並みの所得(夫婦二人世帯で年収520万円以上、単身世帯で383万円以上)のある70歳以上のお年寄りの窓口負担が2割から3割に、また平成20年4月からは一般・低所得者である70歳〜74歳のお年寄りの窓口負担が1割から2割に上がります。

また、「高額療養費」の自己負担額も変更になります。(高額療養費とは、1ヶ月の医療費が一定の基準額=自己負担限度額を超えたときに、その超えた額が、申請により支払われる給付です。)

この自己負担額。70歳未満・一般の所得者で、従来は 
72,300円+(医療費−241,000円)×1%であったものが、
80,100円+(医療費−267,000円)×1%となりました。

例えば1ヶ月に100万円の医療費がかかった場合に自己負担額は次の通りです。

従来は、72,300円+(1,000,000円−241,000円)×1%=72,300円+7,590円=79,890円。
今回からは、80,100円+(1,000,000円−267,000円)×1%=80,100円+7,330円=87,430円となり、7,540円の負担増となります。

70歳以上のお年寄りについても所得の多い人については70歳未満の人同様に自己負担額が引き上げられます。

改正の一部を抜粋しましたが、高額療養費の自己負担額に上限があるという健康保険の制度が、民間生保の医療保険の入院給付金日額をいくらに設定するかの根拠のひとつとなっています。

ちなみに前述した自己負担額でいえば従来では1日あたり2,663円となり、今回からは2,914円となります。

これに差額ベッド代は1日あたり5,000円〜7,000円くらいを想定して、入院給付金は7,000円〜10,000円は必要だよね、っていう計算式です。

わたしの無料レポート『通信販売で、医療保険に加入しようと思ったときに知っておきたい5つのポイント』で少し述べていますが、医療保険に加入しようと思ったときにこの入院給付金日額の設定には頭を悩ませる人が多いでしょう。

民間生保の医療保険の最大のデメリットは、「給付金1日あたりいくら」という設定をするため、しょっちゅう変更される公的医療保険制度、公的医療保険の適用されない高度先進医療やそれに伴う入院日数の短縮化などには対応できない場合が考えられるということです。

これには、実損型補償の損保型「医療費用保険」を視野に入れることも一つの選択肢です。

損保型「医療費用保険」については、別途お話ししたいと思います。
posted by 保険に強いFPです! at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

「医療保険」で見落とせないポイントとは?

インターネット上で「生命保険」を見直ししましょう!というサイトはたくさんありますよね。

同様の本もたくさん出ています。

かくいうわたしもこのブログで、「生命保険見直し講座」なんていう記事を書いています。

これはこのまま書き続けていきますが、連載をしているといつになったら具体的な見直し方法までたどりつけるのか不明です??

書き始めたのはいいのですが、あれも書きたい、これも必要だなっていう感じでなかなか前に進んでいないのが実情です。

このブログ自体も「保険の見直し」だけに使いたくないし…っていうことで、日記や趣味的な要素も取り混ぜて書いています。

そこで!「無料レポート」をリリースすることにしました
ひらめき

まず第1弾は「通信販売で、医療保険に加入しようと思ったときに知っておきたい5つのポイント」と題して、「医療保険」をご自身で選んで加入しようと考えておられる方のために、通信販売のチラシや広告のどこに注意して選べばいいのかについてナビゲーションした内容のレポートを作成しました。わーい(嬉しい顔)

保険のセールスに訊けば、そこの会社の商品だけ勧められそうでいやだし、もっとも断るのに苦労するし…かといって、いろんなサイトを見てもいまいちよくわからん!といった人のために書きました。

ぜひご一読下さいexclamation×2

お申し込みは、このページ右上のブックカバーをクリックして下さい。

無料レポート第2弾「医療保険を検討する前に、検討しなければいけないこととは?」をただいま執筆中です。

近々リリースしますので、こちらもよろしくねわーい(嬉しい顔)
posted by 保険に強いFPです! at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

保険料を支払う前から保障される生命保険

8月になりましたね晴れ夏本番。アツイ、暑い。うちの庭のベニカナメの木にセミが鈴なりで、セミのなる木と化しています。ウルサイ、五月蝿い。

今日は生命保険の話。

ソニー生命では明日から「初回保険料をいただく前に保障開始」という業界では画期的な制度を導入します。

生命保険の契約手続きは、「申し込みの受付」と「健康状態の告知」と「第1回目の保険料の入金」という3つのステップを完了して(これらいずれかの手続きが完了したいちばん遅い日から)保障が開始されます。
告知でOKが出ることが大前提ですが…

ソニー生命の契約手続きは、契約者の利便性を考慮して第1回目の保険料を入金する前から保障を開始することにしました。ということです。

とくに通信販売で保険に加入する場合の保険料に支払いは、最初から銀行口座振替を選択するのが一般的ですよね。その場合、第1回目の保険料の引き落としが完了されるのはいつになると思います?だいたいは「申込書」と「告知書」を郵送した月の翌々月の口座振替日という会社がほとんどです。ということは…今月8月に「申込書」と「告知書」を郵送したとすると10月27日(なぜか27日という会社が多い)に保険料が引き落とされて保障が開始されますので、その間非常に不安ですよね。これが解消されるということ!

それから生保の営業職員にとっては、保険料領収という手間が省けますので保険募集には効率がいいことは間違いないし、保険会社からみても営業職員が保険料を持ったままいなくなった…なんてこともなくなり安心です。

それより1日でも早く保障が開始されることのデメリットはありませんので、契約者の立場を考えたいい制度だと思います。

これ、他社もすぐに始めますよ。きっと。

posted by 保険に強いFPです! at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

死亡保険の保険料が安くなる!?

生命保険の保険料を決める際の基準のひとつである「標準死亡率」が下がったそうです。

(社)日本アクチュアリー会[アクチュアリーとは保険計数人のこと〜保険料を算出している人のことです]が先日発表しました。

生命保険の保険料決定要因は、主に「予定死亡率」「予定利率」「予定事業費率」から成り、「死亡率」が下がったということは、保険料の引き下げが期待できるということです。わーい(嬉しい顔)

日銀の「ゼロ金利政策解除」を受けて、「予定利率」も少し…ほんの少し…引き上げられますので、これも保険料の引き下げに貢献することとなります。(予定利率が影響するのは、主に終身保険、養老保険、年金保険などの積立型のタイプです)

ただ、死亡率の低下が大きいのは男女とも60歳以上のお年寄りで、今の基準より20%も下がったそうです。逆に死亡保険の新規加入層である30〜50歳代の男性においては、30歳代前半で死亡率が逆に5%増えているそうです。

…と、いうことは死亡保険の加入に適した人の保険料はそれほど下がらないで、死亡保険に加入する必要がなくなってきつつある人の保険料が下がるということでしょうか。

逆に死亡率が低下すると、「医療保険」や「年金保険」などといった生きている間に保険金や給付金を支払われるタイプの保険は、値上げ要因になります。

「医療保険」の終身タイプを検討されている方(年齢は問わず)や、「年金保険」を検討されているちょっとお歳が上の方は、今の保険の見直しをボチボチ考えていかれてもいいのではないでしょうか。

死亡保険料の改定は来春からだそうです。
posted by 保険に強いFPです! at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。